効果的なリスニングトレーニング

リスニング力が向上するには多種多様な英語を聴きこんでいくことが大切であると言われています。これは最もな指摘です。

しかしただ漫然と聞いても進歩の度合いがのろく、自信が持てるレベルまでにならないと実感している方がとても多くいます。

もちろんある程度の耳慣れ効果は確かにあるのですが、本来、日本語と英語には『語順の違い』と『周波数』の違いがあることから、聞き込の量だけでは論理的に聞きとれる決定打にはならないことは明らかです。

特に12歳以上の年令者には顕著に当てはまります。効果的にリスニング力を高めるには科学的な聴覚トレーニングを取り入れていく必要が迫られます。

リスニング力は英検合格の決め手

各級の問題リスニング問題の時間比率を上げてみます。
英検5級は45分中20分、英検4級は60分中25分、英検3級は65分中25分、準2級は90分中25分、2級は100分中25分、準1級は115分中25分とリスニンの配分が50%〜30%と高く占めています。リスニング攻略無くては合格は叶わないといっても過言ではありません。

リスニング力を向上させるには

直前のみの短期間では確かなリスニング力には貢献しません。長期的視野でリスニング学習計画必要です。

さらにリスニング力を安定させるには語い表現や長文読解のブラッシュアップも不可欠です。これらはリスニング力と深く関わっているからからです。

リスニング力を付けるにはCD付きの音声教材の活用が不可欠です。レベル別に効果的教材が発売されています。リスニングは耳を通して頭を耕やす(英語思考力養成)ねらいがありますから、余裕があれば一つ上のレベルまで活用していくと相乗効果があります。

合格リスニング学習法

英検学習は語い表現や長文読解対策に相当の時間が要しますのでリスニング対策は毎日短時間で学習できるように計画を立て、遅くとも3ヶ月前からリスニング教材をスタートし、受験直前の数週間は過去問のCDを何度も聞き、英文スクリプトを音読していくことでリスニング力を強固にしていきます。

英検対策リスニング教材一覧。ガンバってね♪

発音も同時に身につくリスニング本格的教材はこちら

小学生のリスニング対策!

英検合格のためのリスニング対策は1ヶ月以内の準備期間がベストです。

なぜならば英検のリスニング問題はパターン的でやや無機質表現が多いので長期的視点で考慮すると貢献度は大きくはありません。

小学生の時期は感性に直結する、豊かな表現を吸収できる最良の時期なので普段から長文ストーリー性のある良質の英語を聞き込むことで、リスニング力は自然に身につきます。

英検的リスニングレベルを凌駕するためにも、小学生の場合、通常は英検合格を第一目的にせずに長期的視点で感性リスニング力を育てていきましょう。

小学生のための聞く力をつける教材

(C)COPYRIGHT2005-2016 PAIDIA INTERNATIONL ALL RIGHTS RESERVED