国際ビジネスの現場に欠かせない英作文力

英検の作文審査基準は『社会性の高い幅広い話題についてまとまりのある文章を書くことができる』とあります。 現代ではインターネットによる情報発信が一般化し、中でもEメールなどのやりとり形式で発信文を書くことが日常的に行われるようになりました。的確な英文を書くことが社会人として必須と言えます。

ニュースなどで報じられる出来事や、読んだ英文記事について要約する練習を日常的に積み重ねることで、英検の英作問題にも十分に対応できる能力が身についてきます。

英検準1級、英検1級の審査基準と対策

●英検準1級のライティングでは社会問題や文化に関して3つの質問があり、それぞれの質問に対して自身の意見とその理由を100語程度で返信を書く記述問題です。
テーマとしては簡単なレシピ、 器具の使い方、講義の内容、 雑誌や新聞の記事、食事と健康、祝日、お祭り、留学や入社の志望動機、仕事や専門分野の内容、注文や問い合わせに返事などです。

●英検1級の場合は与えられたテーマに基づいて200語程度の英文を書く問題です。6つのポイントが提示され、その中の3つを取り入れ、序論と結論を含む3つ以上の段落でふさわしい文章を書く出題です。
テーマとしては環境問題、仕事や調査、レポート、報告書、仕事のマニュアル、商品やサービスについて、苦情を申し立てる文章、商品の故障、サービスの内容、雑誌記事や新聞記事の要約、講義や会議の要点などです。

 

英文Eメールの作成スキル通信講座

★ アルク出版 
すぐに書ける即戦力、しっかり書ける英語力が身につく! 
アルク【ビジネスEメール速習パックライティングエイド】

アルクの「ライティングエイド」は、ビジネスで必須な英文Eメールのスキルを、90日間で学習できる教材です。英文Eメール作成支援ソフト「カクスケ」(CDROM)も付属していますので、スグに効果的なビジネスEメールを書くことも可能です。

この「ライティングエイド」で学習する24事例は「英辞郎on the Web」で実施した1300名のアンケート調査から厳選。ビジネスパーソンにとっての「必要度」の高さを最優先したカリキュラムですから、実践的使える表現が効率的に学べます。日々のビジネスに即活かすことができます。

合格へのアドバイス

テーマ別教材の比較

(C)COPYRIGHT2005-2016 PAIDIA INTERNATIONL ALL RIGHTS RESERVED