★3級出題内容と合格率

英検3級は、約2,100語〔中学範囲の語い〕による表現レベルです。5級・4級で習得してきた基礎力の集大成の級と言えます。
この英検3級から二次面接試験が加わり、口頭表現(話す)力が適格に測定されます。一次二次共6割程度が合格ライン です。

合格率と合格ライン
2013年度は326,983名合格、合格率は54%です。
小学生は13,767合格 (合格率53%)
 でした。
(2014年度以降は未発表)

【英検3級の試験の問題構成】 一次試験(筆記40分とリスニング25分)と二次試験(面接形式5分のスピーキングテスト)に分かれています。
◆筆記試験(40分)の出題内容は語い、文法力、 短文の語句、空所補充、文脈に合う適切な語句を補う長文問題です。

◆リスニング(25分)問題の出題形式は
・会話の応答文選択 会話の最後の発話に対する応答として最も適切なものを補う。(放送回数1回、補助イラスト付き)
・一致選択 会話の内容に関する質問に答える。(放送回数2回)
・一致選択 短いパッセージの内容に関する質問に答える。

【50点満点(うちリスニング25点)、合格ライン30点〜】 ですが、本番で確実に合格を果たすには70%の正解を目標に普段の学習計画を立てましょう。

>⇒小学生の英検対策は短期間の方が良いのはなぜ?

 

★英検3級の長文読解・単熟語・リスニング攻略するには

一次試験の出題内容 問題数
文脈に合う適切な語句を補う。 15問
会話文の空所に適切な文や語句を補う。 5問
パッセージの内容に関する質問に答える。 10問
日本文を読み、その意味に合うように与えられた語句を並べ替える。 5問
会話の最後の発話に対する応答として最も適切なものを補う。
(放送回数2回、補助イラスト付き)
10問
会話の内容に関する質問に答える。
(放送回数2回)
10問
短いパッセージの内容に関する質問に答える。
(放送回数2回)
10問

スタート時期と学習法
●読解問題には
文章を単語や文節ごとにごと細切れで読んでいくと時間が足らなくなることがあります。もっと大きく意味のかたまりごとに読めるように練習する必要があります。書き手が何を言いたいのか、を意識して読むことが長文の読解法です。

コツとしては、すぐに長文を読まずに設問から読んでいくと効果的です。設問の内容と選択肢から長文の内容を想像してみる。誰(何)がどうした(どうなった)いわゆる「5W1H」を意識し、場所・時間などをある程度イメージしたら、最初の段落を読み始め、設問に出てくる主語や動詞などと照らし合わせながら先へ進めます。

●並べ替え作文問題には
英検は記述式問題ではなく選択問題なので負担は少ないのですが、やはり英語は書いて定着するまで何度も繰り返す
ことが王道です。特に英熟語などは完全にしておくと長文読解に効果が大いに波及します。またリスニングにも大きな
波及効果があります。

単語・熟語対策
●単熟語問題には
英検3級では設問1の単熟語や英文法の4択問題が筆記試験の25%程度を占めています。
不合格になる人はこの設問1の得点が低いデータが出ています。解説の詳しい問題集で定着させましょう。

単熟語のスペリングまでの負担はないのですが単語や熟語の意味を正確に覚えておくことが得点力を押上ます。合格得点力につながるためには3級向けの単熟語問題集をテスト日まで2回は繰り返すように学習計画を立てましょう。


★ 直前対策の必須問題集と過去問題

3級合格するには単熟語、長文読解、リスニングなど出題別に攻めましょう。最後は過去問題で総合力を底上げします。
ここで紹介している教材は一般書店でも購入できます。


★ DSトレーニングによる学習教材

こちらの任天堂の英検DSトレーニングは英検全級を長期的に学習できる教材です。
旺文社刊「DAILY 集中ゼミ」「英検Pass単熟語」5級〜1級まで収録に基づいています。ワードブックは単熟語を級別に
整理されていますので自分のレベルからスタートできたり、
未習熟部分の復習や先取りも可能です。語彙数はなんと10、000語以上!トレーニング級別に約3、000問を収録・穴うめ
問題・会話問題・並替問題・長文問題、また級別の傾向と対策、解説も収録。
もちろん通常の問題集などと併用すればより効果的です。

二次試験の面接対策

面接時間は約5分です。30語程度のパッセージを音読することから始まります。そして音読したパッセージの内容についての質問とイラスト中の人物の行動や物の状況に関しての質問があります。最後に受験者の日常生活の身近な事柄についての質問があります。

英検3級面接試験に合格するには質問パターン、実際の試験の流れ、過去の問題からの傾向と対策、合格点をとる答え方などのコツを事前に十分に練習する必要があります。一次試験直後から本格的に練習しても時間的に間に合うと思いますが、英検面接の内容のリスニングだけは早めに流し聞きを始めるがコツのようです。

⇒小学生の英検対策は短期間の方が良いのはなぜ?